生活習慣を見直すことで今からaga対策をしていこう!


生活習慣はagaが悪化する原因になる!?

20歳以上になると、男性の中にはagaになってしまう人も増えてきます。agaは男性型脱毛症のことで、薄毛になる原因の一つです。男性ホルモンや遺伝、生活習慣などが影響し、その原因は複数存在するのが特徴です。特に気をつけたいのが生活習慣が乱れてしまうことで、社会人として働いている方は不規則な生活にならないよう注意が必要です。会社でのストレスでお酒を過剰に飲んだりタバコを吸ったりするのも、agaの症状が悪化する原因です。悪い生活習慣を送っている自覚がある方は、まずはその生活習慣の見直しから始めてみましょう。

食生活の見直し、睡眠時間の改善、ストレス発散を

aga対策の鍵を握るのが、食生活、睡眠、ストレス発散です。お酒の他に、食生活が乱れてしまうとそれもまた髪に悪影響を与えてしまいます。髪に悪い食生活としては油ものを沢山食べたりしないように、バランスの良い食生活を心がけるようにしていきましょう。また身体に悪い食べ物を避ける他には、髪の毛の栄養となるタンパク質などが沢山含まれる食材を食べたり、亜鉛やビタミンが多いものにも注目です。そして次に重要なのが睡眠です。夜ふかしをしていて睡眠不足になっているかたは、ちゃんと睡眠が取れるような生活習慣を心がける必要があります。最後にストレスですが、ストレスが溜まると、ホルモンバランスが崩れてしまう恐れが出てきます。会社等でストレスが溜まったら、気晴らしに運動をしたり好きなことをしてストレスを溜めないようにしていきましょう。

agaを京都では治療可能ですが、男性だけでなく女性も対応してもらえます。女性のagaで悩んできた人も相談してみましょう。